積雪期総合技術訓練

3月22日(土)前泊、23日(日)に奥美濃大日岳で積雪期総合技術訓練を行ってきました。 22日には18時に豊川を出発。21:30に白鳥道の駅着。みんなで3張テントを張り、ジャンボテントに17名が集まり宴会。 4:30起床、朝食・撤収。6:15に出発して高鷲スノーパークへ。7:30始発ののゴンドラに乗り、ゴンドラトップからハイクアップ。私も含め、雪山初心者メンバーは歩き方のレクチャーを受けながら歩行。...

3月 月例 野伏ヶ岳

3月月例で300名山の野伏ヶ岳へ登りました。徒歩組、山スキー組、スキー担ぎ組の3パーティーです。白山中居神社から歩き始めます。私の荷物は、テント泊装備〓スキーをザックに付けたら27kg(@_@)テント場まで2時間の行程、荷物が肩にくい込みます。KUさんが、試しに担いでみました。樹林帯をシールを効かせて余裕で登る山スキー組と、必死に汗ダクで登るスキー担ぎ上げ組、MKさん和田牧場まであと少し(≧∇≦)野伏ヶ岳が見えて...

3月月例 朝倉川

3月の月例朝倉川に参加された会員のSIさんからの投稿です。多米遊歩道で集合 参加者30名朝倉川を左に見ながら上流に向かう不動滝に着く。滝の上には祠も建っている。滝の左側に洞窟があり、探検する人も多米峠に到着ツェルトの使い方練習 集合写真神石山山頂投稿ありがとうございました。(ym)...

3月月例山行B「貫ヶ岳(897m)」

3/16、山梨県・貫ヶ岳(かんがたけ)に登りましたので、報告します(参加者28名)。豊川市営駐車場に6:30集合でした。新東名~新清水IC経由で登山口へ。なかなか富士山が見えなかったのでやきもきしました。スパッツを付けて、いざ出陣!前半は 植林帯を歩きました。雪(?)の影響で 倒木が多く、少し迂回をさせられました。山頂での集合写真です。単独行の人に撮っていただきましたので、全員写っています。会報係りを決めるジャンケン...

会の装備紹介 救急箱

救急箱を紹介します。内容は以下の通り、全て一緒です。はさみホワイトテープシップ剤ポイズンリムーバー(蜂や蛇の毒吸出し器具)手袋(手当てをする際の感染防止用)三角巾バンドエイド各種虫刺され軟膏包帯テーピングテープ消毒綿ヴァファリン小冊子「山での病気とケガ」会では17個の救急箱を用意しています。...

会の装備紹介 ツェルト

会の装備を紹介しますいざという時のためのツェルトです。現在会では22個用意してます。月例山行で全て出払ってしまう時もあるんですよ。とってもコンパクトに畳めます。。重さも200g~300gと軽いです。ポールやストックを使って簡易テントとしても使用できます。二人は余裕で寝ることが出来ますね。(カタログから)会では山行中4人に1個、携行することが義務付けられています。保温や簡易担架としても使える万能道具...

会の装備紹介 テント編「エスパース」

会の装備を紹介します。エスパースの4名~5名用テントで、会でもっとも多く購入されているシリーズです。五張りあり、それぞれ「97テン」「98テン」「芳(よし)テン」「牧(まき)テン」「通(みち)テン」の通称で呼ばれています。使用人数は4名~5名用と書かれていますが5人は少しきついです。カタログから取ったサイズ表はこんな感じです。背が高いので室内での居住性が良いです。フライを入れた総重量も2.8㎏と軽いこと...

会の装備紹介 テント編「弘テン」

会の装備を紹介します。通称「弘テン」です。正式な名称はエスパース・マキシム・ナノ・ジャンボ(6~7人)用会にはエスパースのテントが多くあり通称「弘テン」で通っています。ポールを三本通すタイプですので立てるのは簡単です。本体+ポール+フライ=3460g 軽い中はこんな感じです。軽量ながら、天井が高く居住性に優れています。このテントも入口が二箇所あります。「アライ」と比べてみました。大きさが分かりますね。...

会の装備紹介 テント編「アライ」

会の装備を紹介します。「アライ」のテントです。正式な名称はアライエクスペディションです。名前もかっこいいですね。会にはアライ社製のテントがこれしかない為通称「アライ」で通っています。本体+ポール=2500g フライ1030gファスナー式の入口の反対側に吹流し式の入口があります。立てるのは簡単です。フライをつけた状態冬用の外張り(1360g)もあります。四人用です。横になるとこんな感じです。エスパースと比べると高...

読図山行「平山明神山」

 3月9日に平山明神山で読図山行を行いました。3パーティーで別の昇り口から出発し、最初のピークで合流する計画。地形図、コンパスを使い踏み跡もないルートを登る。CLから「今日のテーマは読図。競争じゃないから!」私のBパーティーは最も急登のルートだそうで気合が入る。[ヤブ漕ぎはないが急登です]私達のコースは、倒木やら岩をトラバースなど障害物が多い。ピーク手前で他のチームも確認できほぼ同時に合流。中には...

自然保護部「獅子ヶ鼻公園」修験道を体感する

2/23自然保護部「獅子ヶ鼻公園」修験道を体感する。 HMさんから山行報告です。(参加10名)標高は低いが山容も変化に富み、かつては修験道の聖地だったのに今はあまり知られていない。 最初に立ち寄ったのは個人歴史館「宮下歴史庫」今川義元、徳川家康の手紙類(判物)が無造作に展示してあってビックリ。当主のお爺さんは遠州報国隊として錦の御旗を立て討幕軍に参加し江戸城を警備した。 巨岩の中に神秘的な洞窟(室)が...