FC2ブログ

岩殿山 (長野県筑北村)

長野県筑北村にある岩殿山に登ってきました
来期の月例の下見です

岩殿寺 この寺の奥ノ院のある岩殿山に登りました
1 岩殿寺

寺沢コース登山口
2、寺澤ルート

林道は荒れています 
林道終点の砂防ダム堰堤で簡易ハーネスとヘルメットを装着しました
3、林道

沢沿いの道を登っていくと大岩の所に九頭竜社があります
九頭竜権現が祀られており 雨乞い祈願がされた場所です
4-1九頭竜社

さらに上の大岩に祀られた雷神社 
風の神・雷神が祀れており、「なる神様」と呼ばれています 
4-2 雷神社

急登をぐんぐん登って 学問行者の墓地 
開山僧学問行者と修行僧の墓地は今世まで守り続けられてきました
5、学問

稜線にでると 正面に「本堂跡」 
岩殿山総拝殿の本殿がありましたが山火事で焼失してしまいました 
6、稜線

みごとなハチの巣状の大岩窟に三社権現(奥ノ院)があります                    
現在「三所(社)権現男神立像三体」は麓の岩殿寺に安置されています
7、三社権現

奥ノ院の右側を上がり 裏山のルンゼをよじ登ります 
以前はロープが張られていましたが 老朽化のため今は撤去されています
7-2、るんぜ

「行者の岩渡り」  久々の岩場にドキドキです
8、行者の岩渡り

岩の上で展望を楽しみました 
上:聖山と筑北の谷   下:北アルプス
9、展望

ルンゼを懸垂下降で下ります ザックがひっかかる~
10、るんぜキャプチャ

元千手   奥ノ院から50mほど下に元千手があります  
千手観音が安置されていた岩窟で ここでも見事な「ハチの巣状風化岩」が見られました
11、元千手

稜線に戻り天狗岩を右に巻いて兜岩へ  
踏み跡はしっかりあるもののだんだんと道が細くなってきます
12、兜岩

別所ルートの分岐に着きました 
三角点までは次回のお楽しみにして ここから下ります
13、分岐

別所ルートは落ち葉の分厚い絨毯です 
サクサク尾根を下っていきます  
14、尾根

岩殿山遥拝所  立派な山頂標がありました 
岩殿山の参道が険しいので老若男女はここで参拝をして帰ったと伝えられています
15、遥拝所

遥拝所から下ってくると道がわからなくなってしまいました 
いちめんの落ち葉の中を道を探していると 馬頭観音が転がっていました 
落ち葉に埋もれていないので最近転がり落ちてしまったのでしょう
16、馬頭観音

倒木をまたいだりして やっと荻道祖神に出ました
17、荻道祖神

廃屋からは登山道も広くなり別所ルート登山口に到着 
車道を20分歩いて岩殿寺へ戻りました
18、別所登山口

三角点としての岩殿山と信仰の対象としての岩殿山(奥ノ院を中心とした岩場群)はまったく別物です
地元の人々は 奥ノ院を中心とした一連の山を岩殿山と呼んでいます
岩殿山は もともと修験の山として開かれただけあって険しい山ですが 
見どころも多くハイグレードハイキングを楽しみました

HY
スポンサーサイト