県連発「立山雷鳥観察会」開催のお知らせ

県連の自然保護部からのお知らせです

「2011年 立山雷鳥観察会」 実施案内

PicG0001_20110616230506.jpg
実施月日:  2011年7月30(土)~31日(日) 
目的と意義:  雷鳥の生態を生息している地域で直に学び、此のことを通じて自然を守ること
の大切さと、近年の自然環境の変化を学ぶ。
立山室堂という絶好の立地で、第一線の研究者から直に話を聞き、現地を観察するこ
とにより、より実感の持てる観察会とする。
場  所:  立山、室堂、山小屋雷鳥荘――講演と宿泊、テント宿泊は雷鳥沢キャンプ場
室堂周辺、雷鳥と自然観察
講  師:  肴倉氏   
    講師は農学博士で、有限責任法人山岳環境研究所代表理事。
25年以上前から立山で雷鳥の研究をされている。雷鳥研究の第一人者、
現在では、御嶽山、北アルプス栂池周辺、薬師岳などで調査研究をしている。
  講師は雷鳥だけでなく、高い山の自然環境にも造詣が深い。雷鳥の生態を話しようとす
ると、高い山の自然環境についても語らなくてはならないし、雪、ハイマツ、山の成り立ちなど広い見識の持ち主。また、初めての人にも判り易くユーモアを持って話していただける。
参加費 :12,000円(宿泊代、講演料など)  テント宿泊参加費は3,600円 入浴料込み
前夜発バス代:9,000円
参加者 :労山会員は遭対基金加入の上、計画書を会に提出のこと。一般参加は傷害保険加入
定  員:60名(最大80名)            
実施日程:                 
7月29日(金)21:30 金山集合、22:00 バス金山出発、
7月30日(土)
  朝、室堂到着  11:00室堂集合   11:10出発
   12:00~雷鳥荘、受付開始
13:00~15:20分 開会、講演、質疑
15:30~第一班、自然観察、雷鳥観察
16:30~第二班、自然観察、雷鳥観察  (人数により翌日の観察会も設定)
   18:50~食事      19:30分~懇親会
雷鳥荘(宿泊)温泉有、日帰り山行程度の装備のこと。
 7月31日(日)
   朝食後、解散――各会設定の山行計画は自由、集合時間に遅れないこと。
   午前中は自由行動、Op:自然観察、(講師と散策)雷鳥沢~歩荷道~一ノ越~室堂
午後14:00室堂出発、 帰途
申 込:各会自然保護担当者又は e-mail:aichirousan@gmail.com まで、
(YM)
スポンサーサイト