夏山合宿 白馬岳~唐松岳

7月21日~23日で夏山合宿 白馬岳~唐松岳に女性5人パーティーで行って来ました。
直前の梅雨明け宣言、好天予報の週間天気予報に、心を弾ませ出発したのですが、蓋を空けてみれば長野県北部は雨。
終始天気に悩まされる山行となりました。

789白馬乗鞍に向かいます
天狗原から残雪たっぷりの白馬乗鞍雪渓に向かいます

791今年は残雪がとても多い
今年は残雪がとても多い。軽アイゼンをつけ、慎重に登ります。

797坂の上の雲みたい
坂の上の雲みたい。雨は強くなったり弱くなったり、景色もほとんど見えません。

798白馬岳登頂!
一日中雨に打たれながら歩きました。でもたくさんの花たちが力づけてくれました。そして白馬岳登頂!がんばった!!

801個室をサービスありがとうございました。快適だったわ。
白馬岳山荘は、悪天候でも宿泊者は400人だったとか。乾燥室はものすごーい混雑でした。

805今のうちに撮影だっ
雨は降っていないが、ガスの中出発。途中杓子岳が顔を出した。"今のうちに撮影だっ"

808シコタン草とウルップ草。とにかく花がいっぱいいっぱい
シコタン草とウルップ草。残雪が多かったため、とにかく花がいっぱいいっぱい

818珍しい、白いウルップ草
珍しい、白いウルップ草。とにかく花に元気づけられる。

821白馬山荘がなんとか見えます嬉
白馬鑓ヶ岳に登りながら振り返ると、ガスの合間から白馬山荘がなんとか見えました・嬉

824白馬鑓山頂
白馬鑓山頂 展望もそこそこあり感激。

828小屋の水場がかわいい
天狗山荘の前も大きな雪渓が。小屋前の水場がかわいい。天気予報を尋ね、唐松岳まで向かうことを決めました。

830天狗の大下りを前に、ヘルメット&簡易ハーネスを装着
天狗の大下りを前に、ヘルメット&簡易ハーネスを装着。「これからいよいよ今日の核心部」と気を引き締めるメンバー。

836二峰を仰ぐ。迫りくる壁のよう。
壁のように立ちはだかる二峰を仰ぐ。緊張が高まる。

837楽しそうな注意看板
ルートの厳しさと裏腹な、なんだか楽しそうな注意看板

838慎重にへつります
慎重にへつります

845景色は全く無しですが、良い笑顔です
景色は全く無しですが、緊張のルートを無事に歩ききり、達成感にあふれた良い笑顔です

850早朝の見事な雲海
早朝の見事な雲海

854早朝はしっかり展望がありました。唐松岳
唐松岳も早朝はしっかり見えてました。しかしこの展望も早朝のみ。すぐにガスに隠れてしまいました。

858.jpg
朝露に濡れるコマクサ。

862ニッコウキスゲも満開です
唐松岳からの下山中も、本当にたくさんの種類の花に出会え、ずっと歓声を上げながらの下山でした。ニッコウキスゲも満開です。
初日は終日雨、二日目三日目はガスでほとんど展望なし、と天気には恵まれないような感じでしたが、
天気のおかげか登山者が少なく、不安を感じていた不帰のキレットではすれ違いや渋滞に出会わずにマイペースで歩け、本当にありがたかったです。
三日間たくさんの花にも出会え、充実の合宿となりました。ありがとうございました。

会員のKUさんからのお便りでした。山ガールですね。(YM)

スポンサーサイト