中央アルプス駒ヶ岳中御所谷沢登り

会員のHSさんからの沢登りのお便りです

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの真下に見える中御所谷の沢登りに行ってきました。

写真1
早朝タクシーでロープウェイ駅に到着。まだ営業時間前で静かです。

写真2
遊歩道をしばらく歩くと日暮の滝が見えてきます。朝一番の登攀は難儀しそうです。

写真3
水流右側のカンテを登ります。途中で1カ所カムを使いました。

写真4
その先のCS滝は直登不可能。少しもっどって右のルンゼから高巻きます。

写真5
50mロープいっぱいの懸垂下降で沢に戻ります。

写真6
直登と高巻きを織り交ぜながら進むと標高1950m付近で雪渓が出現。

写真7
その先の状態もわからないので左側の支流から旧登山道にエスケープ

写真8
旧登山道から標高2450m付近で沢に復帰。ここからは源流の様相です。

写真9
しばらく歩くと千畳敷カールに飛び出します。

写真10
千畳敷は平日にもかかわらず、けっこう賑やかです。
今回は完全遡行できませんでしたが、スケールの大きさに圧倒される沢登りでした。

夏の沢登り涼しそうですね。(YM)
スポンサーサイト