FC2ブログ

伊豆大島三原山

3月3~4日 青春切符で1泊2日の伊豆大島三原山の縦走です。
電車の中では今盛んに言われている「ジオパーク」について
パンフレットで勉強です。
電車で勉強

道路を広げる工事によって火山の中身(2万年分の噴火の積み重ね)が
現れ、バームクーヘン(地層大切断面)のような地層が1km?も
続いています。これは一見の価値があると思いました。
バームクーヘン

激しい火山噴火により飛んできた噴石物が火山灰の地表面に
めり込んでいました。波浮の池が誕生した頃で500m以上もの
距離を飛んで来たようです。
ボムサッグ

9世紀に起こった噴火口が引き金で出来た港で、風待ち港として
栄え、歌のヒットと小説「伊豆の踊子」で一躍有名になった。今も
その名残を感じました。
波浮港

港屋旅館ではこんな(旅芸人達の宴)日が続いたのでしょう
波浮港の宴会
伊豆大島の観光道路を一周し、ジオパークも少々分かって夜は
楽しみな宿舎での宴会。
夜の宴会

伊豆大島を代表する植物「ツバキとアシタバ」のテンプラです
ツバキのテンプラ

あんことは伊豆大島の若い娘さん。頭に手桶を乗せツバキの前掛けを
付けてかっこいい姿での踊りです。
あんこの踊り

会員も皆さんがあんこさんと一緒になって楽しく踊っています。
会員の踊り

平成25年台風26号で大きな被害を受けた伊豆大島。テレビでは
見ましたが・・・現地を見て自然の恐ろしさを余計に感じました。
三原山外輪山より元町港までも土石流が到達しています。
今復旧作業がされていますが、元通りになるには何年も
かかるでしょう。
土石流

大島から南に「利島・新島・神津島・式根島・・・」が見えていました。伊豆七島

今も火山活動を続けている三原山をバックに ハイチーズでパチリ‼
集合写真

今回のメイン三原山にゆっくりと20人が整列して登っています。
登る会員

山頂・剣が峰からの火口は爆発のすさまじさを感じました。
爆裂火口

左上からボタンボウフウ・イソギク・アシタバ・ウラシマソウ
・コケリンドウ(一円玉よりも小さな花がもう咲いていました)
・ハチジョウイタドリ(火山爆発の後一番に芽吹いた植物)
・名前の分からないコケ
植物7枚

K Y










スポンサーサイト