北岳

夏合宿参加の日程調整ができず時間切れとなりウツウツしていたが
「計画書」を出して7月21の夜から1泊2日で北岳に登って来た。

7月21日:芦安駐車場 (前泊)
7月22日:am 4:50 乗合タクシーで広河原登山口へ。
 タクシー待ちの間にトンデモナイ情報にビビる。
 「昨日(7/21)「広河原~白根御池の間で熊 注意」の張り紙を見てしまった。
 
「朝一番の草すべりルートは人が少ないから気を付けな」って言われて
「どう気を付ければいいの??」ってことで急遽ルート変更して
二俣の雪渓沿いに行く大勢の登山者の後に付ていくことにした。

大樺沢に沿って若者は雪渓を、後期高齢者は登山道を進みます。
2.jpg

トイレのある大樺沢二俣で小休止の後、お花畑の中を右斜め方向に向かい
北岳肩の小屋を目指す右俣コースを進み、白根御池分岐を経て
「肩ノ小屋北稜線」の分岐標識のある稜線に出てホッと一息。 あと少しで小屋デス。
3.jpg

歩き始めて7時間半・・・・北岳肩ノ小屋に到着。
4.jpg

明けて7月23日:北岳に登ります。
まだ眠っている人を蹴飛ばさないように、踏みつけないように
ソロリそろりと跨いで外に出る。夜中の雨も上がって天気も良さそう。
4:20 紅に染まった雲を背に富士山が浮かび出てきた。 
感動の一瞬でした。
5.jpg

もう一枚と思った時には既に明け方の空になっていた。
6.jpg

空が白み始めた午前5時、北岳頂上目指して出発。
途中振り返ると肩ノ小屋と、あれは甲斐駒ケ岳・・・デスか?。
7.jpg

もう直ぐ頂上・・・相方はサッサと行くが後期高齢者は息切れがして遅れる。 
そしてようやく頂上。 
8.jpg
9.jpg

天候に恵まれ、富士山最高!!雲海広がる幻想的なこの景色・・・涙出ちゃうよ
10.jpg
10-2.jpg

夜明け前に小屋で出会ったカップルかな? 「高嶺の花」が二輪。
11.jpg

5:50 行きたかった間ノ岳を後に山を下ることに・・・・。
11-2.jpg

沢山の花々と出会い、名前は知らなくても美しく可憐な姿にはレンズが向きます。
12 花
13 花
14 花

ガイド役をお願いした元会員のA.Mさんありがとうございました。
                                 
T.I










スポンサーサイト