3月月例「瓢が岳」

P3180498.jpg
3月18日(日)
美濃市最高峰「瓢(ふくべ)ヶ岳1163m」に登ってきました!!
高賀山(1224m)バックにパチリ。



P3180485.jpg
先週の雨で雪も溶けたらしく、今日は山頂付近もアイゼンなしで大丈夫とのこと。
瓢の森駐車場から登山口に向かう車道沿いには、タラの木が沢山ありました。
途中、黄色い花が目に留まります。
「黒文字?」「アブラチャン?」
家に帰って調べたら、「ダンコウバイ」でした。
桜の便りが聞かれるこの頃、ここにも春が近づいているのを感じました。


P3180488.jpg
瓢ヶ岳登山口には、大きな看板がありました。
地図で現在地を確認後、9:00笹の葉を漕ぎながら灌木の坂道をスタート。
ここからしばらくの道はしっかりしているが、
国土地理院2万5000分の1地図には登山道として載っていません。


P3180490.jpg
標高790m地点で渡渉。左岸から右岸へ。
この先下からの登山道と合流。


P3180491.jpg
再び左岸へ渡渉後、920m付近で別の登山道とぶつかり、そのまま骨が平へ登って行きます。
このあたりまでは落葉樹が多く、この先は植林帯になります。


P3180492.jpg
ヒノキの樹林の山腹を巻くようにして稜線に出ると、平坦な骨が平に着きました。
登山口よりここまで1時間10分ほど。


P3180493.jpg
骨が平らで左折し、緩やかな起伏を15分ほどたどります。


P3180495.jpg
このあたりで初めて雪を踏みました。
5センチ程度。


P3180496.jpg
最後、10分ほど登りきると分岐になり、
右折するとすぐに瓢ヶ岳に到着。薄曇りですが、
北に大日岳、北東に御岳、乗鞍岳、北アルプスの山々
そして薄っすらと中央アルプスも見渡せました。


P3180497.jpg
北西に高賀山がすぐ近くに望めました。


P3180498.jpg
10:45~11:15
山頂で、ゆっくり周囲の景色を楽しみ、早めの昼食を食べ、記念撮影。
余裕の皆さんです。


P3180500.jpg
奥瓢に向かって稜線を緩やかに登って降りて。
雪も少し深くなってきました。
それでも10センチくらい。


P3180502.jpg
皆さん、雪の上を楽しんで歩いています。

P3180505.jpg
山頂から10分ほどで奥瓢ヶ岳1155mに。
壊れた看板がありました。


P3180507.jpg
奥瓢ヶ岳からは、またまた緩い起伏を歩きます。下りはちょっと歩きにくい。
しっかり踵で踏み込んで慎重に歩きます。


P3180509.jpg


P3180511.jpg
このように所々看板もしっかりあります。
私たちが目指す中美濃登山口も近づいています。


P3180510.jpg
このあたりは、ブナがいくつか見られました。
5月頃にはアカヤシオも咲きます。


P3180512.jpg
本日の最難所。と言っても全然怖くないですが。
所々、崖が崩れていて足元が不安定でした。


P3180514.jpg
12:00 あっという間に下山口に。こちらは中美濃登山口。
ここにも、大きなコース案内の看板がありました。


P3180515.jpg
帰り、武芸川温泉に入ってきました。
予定より早く下山でき、ツルツルの温泉でのんびり。
こちらは、リニューアル後岩盤浴もついて大人気。
日曜日ということもあり、混雑していました。
平日大人680円、土日祝大人780円です。私たちは回数券で安く入れました。

雪は少なかったですが、展望も良く、静かな美濃の山を楽しむことができました。
参加の皆さん、企画担当の皆さん、ありがとうございました。

M.S.









スポンサーサイト